「空間・環境演出デザイン」について

2013年11月27日

ヒトは様々な場所で体験することを通し

・ 驚き (surprise)
・ 喜び (happiness)
・ 怒り (anger)
・ 恐怖 (fear)
・ 悲しみ (sadness)
・ 嫌悪 (disgust)

などと言った「感情」を抱きます。
そして、その感情は環境や時間の変化によってうつろいゆくものです。

 

わたしたちは、その「感情」を刺激し、動かすために非常に重要な要素のひとつに、
光(Lighting)や映像(Visual)、音(Sound)、サイングラフィック(Sign Graphic)など

「空間のソフトウェア(SpaceSoftware)」

があるのではないかと考えています。
株式会社トランスデザイン(TRANSDESIGN Inc.)はその「SpaceSoftware」を総合的にデザイン&プロデュースを行ないます。

都市・建築・インテリアなどの「空間」やその周辺(環境)に対して、そこに介在する「人間」が「時間」の経過を感じながら、様々な感情抱くような…
そして機能的かつ美しさを担保した

「空間・環境演出デザイン」

を手掛けます。
空間・人間・時間の相互の「間<MA>」を意識して「演出」することで、
そこにはとてもステキな「感情」や「絆」、そして「コミュニケーション」がデザインできるものと信じています。

Leave a Comment